AI-OCRソリューション

 

AI-OCR とは?​

「AI-OCR」とは、収集した大量の文字データから文字の特徴を抽出し「ディープラーニング」の技術を活用することで、高精度な文字認識を可能とした次世代OCRソリューションです。 従来型OCRでは文字と文字のつなぎ目や切れ字を判別することが困難でしたが、AI技術が加わったことで 自由記述式の記入欄(フリーピッチ)や複数行で書かれた「手書き文字」の高精度な認識が可能となりました。

大量の文字情報から、文字や項目の特徴を抽出しディープラーニングの技術を活用、高精度な文字認識を実現
 

AI-OCRソリューション「DX Suite」

「DX Suite」は、「デジタル変革を加速する」生産性向上のための「AI プラットフォーム」です。

「手書き文字」を高精度でデジタルデータ化することで、様々なお客様の業務効率の向上に寄与しています。

「DX Suite」の特長

様々な手書き文字を高精度でOCR認識

特別なチューニングや事前学習は不要。今すぐに「AI-OCR」をはじめることができます。

帳票画像にズレや影があっても大丈夫

FAX受信画像等の縮尺ズレを自動補正、ノイズや影の除去など最適な画像処理でOCR認識率を高めます。

誰もが使える簡単なインターフェース

クリックだけでOCR設定からワークフローの設定まですべてを行え、高度な知識は必要ありません。

 

DX Suite の機能紹介

「OCRの設定はプロでないと難しい」その常識を覆した、簡単に、誰もが、使えるAI-OCRソリューションです。

​これが、AI-OCR

Intelligent OCR

  • 様々な手書き文字を高精度でOCR認識

  • 定期学習により、使えば使うほど賢く

  • 段階的なデータチェックにより品質を担保

帳票画像の仕分けもAIで賢く

Elastic Sorter

(オプション)

  • 事前に設定した定義ごとに帳票画像を仕分け

  • 仕分けた帳票画像をOCRとシームレスに連携

帳票設定作業に、「さようなら」

Multi Form

(β版提供中)

  • 「AI」がOCR読取り項目を自動抽出

  • 請求書、領収書など特定の非定型帳票に対応

Asset 10@4x.png
Asset 11@4x.png
Asset 12@4x.png
 

DX Suite × RPA

RPAを組み合わせることで、スキャン・OCR操作~基幹システムにデータ投入までワンストップで自動化できます。 RPAだけでは困難であった「紙帳票が関わる作業」の効率化が可能となります。

Asset 13@4x.png
 

ご提供プラン

「DX Suite」は、3つのご提供形態を取り揃えており、お客様のセキュリティポリシーに応じた形態をご提案いたします。

パートナー同士  ・プライムパートナー  ・サブコンパートナー  10分  17100  クラウド 月額3万円~、ブラウザのみのご用意で気軽にご利用を開始いただける形態。 お客様環境とAWSの接続は、インターネットの他にVPN等をご利用いただける接続オプションサービスをご用意しています。  オンプレミス DX Suite がインストールされたハードウェアをサブスクリプション形式(月額定額)でご利用いただく形態。 お客様環境内でプライバシーを保護しながらAI-OCRをご活用いただけます。  自治体向け スマート自治体プラットフォーム NaNaTsuにて提供するため、環境構築なしにDX Suite をご利用いただけます。 自治体様向けの専用ネットワーク(LGWAN)内でセキュアに完結できます。
 

トライアル・お問い合わせ

トライアルのご要望・製品に関するお問い合わせは、弊社問い合わせページより承っております。

「DX Suite」はAI inside株式会社の登録商標です。

「NaNaTsu」は株式会社NTTデータの商標です。
「WinActor」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

その他、本ページに記載されている製品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。

スマート自治体サポートプログラム
サムネイル2.png